この人との生活はもうムリ!どうしたら良いの?

一生連れ添うと誓ったけれど・・・結婚すると様々な壁にぶつかり衝突してしまうことも多いものです。もう離婚しかないかもと思っても、必ず相手が同意してくれるか分からない、子供を引き取ることができなかったらと不安が付き物ですよね。円満に、ハイ!さよなら!と言えれば良いですが、財産分与や親権の取り決めなどトントン拍子にはなかなか進まないのが現状です。DVや借金、浮気や不倫など離婚の”発端”となるキッカケは様々ですが、どんなケースにも対応でき、アナタの味方となってくれるのが「弁護士」です。弁護士に頼むなんてハードルが高い、費用が心配だから、どうやって相談すればよいのか分からない・・・と悩んでいませんか?弁護士に依頼して良かったと思えるように、離婚に関して弁護士に依頼するメリットを考えたいと思います。

相談してみよう!気持ちが”楽”になるかも!?

法律家に話を聞いてもらいたいとは思うけど、どうやって弁護士に会えば良いのでしょうか。自分で法律事務所を探し、連絡して相談することもできますが、初めてだとちょっと勇気がいるものですよね。そんなときは、市町村の「弁護士無料相談」を活用できます。市役所などで面談の予約ができ、大体約30分間の相談が可能です。住んでいる場所により異なる場合があるので気になる人は、担当窓口に一度問い合わせてみるのも良いでしょう。実際に弁護士に自分の事情を聞いてもらいアドバイスを頂くだけでも、心強く気持ちがスゥーっと晴れることがあるかもしれませんよ!そして費用の面で心配がある人は、「日本司法支援センター」を利用することも視野に入れておくと便利かもしれません。通称”法テラス”と呼ばれるこの施設は、利用するのにある程度の条件が必要になります。ここでも無料相談はできますし、弁護士に依頼する場合の費用は法テラスが立て替えてくれます。もちろん後日、費用は返さなくてななりませんが分割が可能です。法テラスは全国各地にあるので最寄のテラスを探してみてはいかがでしょうか。

離婚したいとき、少しでも不安があるなら弁護士に相談

弁護士に救済してもらうメリットは何があるでしょうか。まず、自分の話を親身に聞いてくれて最善の解決策を教示してくれるところにあるのではないでしょうか。離婚の問題は和解は難しく、事情の内容によっては「調停」や「裁判」が必要になることもあります。離婚の裁判と言えども、判決が下されるものである以上は、離婚の理由や正当性、自分の希望をハッキリ明白に主張する必要があります。緊迫した雰囲気の中で、素人が思い通りの主張をすることはなかなかの難題ですよね。弁護士はアナタに変わってその代弁をしてくれる存在ですので、とても頼りになることでしょう。また、財産分与や相続の問題も離婚に付随して出てくると特別な法律の知識が必要になってくることもあるので、プロに任せれば万事通じて心配ありません。相手から「慰謝料」を取りたいときも法的知識が多いに必要になってくるとなると、ひとりで戦うよりも弁護士に依頼する方が不安や孤独を遮断できますよね。弁護士に助けを求めることによって、スムーズに新たな人生を出発できるかもしれませんよ。

mikataは法的なトラブルが発生した際に弁護士費用が補償される保険で、万が一の時に非常に役に立ちます。

夫婦仲に亀裂が入った・・・解決方法には弁護士が必要かも!?

Post navigation