発祥はヨーロッパにおいて

現代の世界で利用される弁護士の制度やその職務内容は、かつて西ヨーロッパにおいて利用されていた物が発達したと考えられています。当時のヨーロッパでは裁判所には多くの種類が存在しており、同じ弁護士であっても、代理を行う事務弁護士や、弁論を行う法廷弁護人など、弁護士としての職務も分割されていました。現代でもこの名残を残す国も多く見られます。近代に入る頃には、ヨーロッパ諸国は専門職として養成するべく、大学に法学部を設置するようになりました。

日本における弁護士の歴史

鎌倉時代には争議で弁論を行う代官が存在し、江戸時代にも弁護士に類似した公事師などが存在していましたが、現代とは違い悪質な者が多くいました。現代日本の弁護士制度は、明治期に近代司法導入と共にフランスを倣って導入されています。その頃は判事や検察官よりも格下扱いを受けていましたが、1936年の弁護士法改定により、法律関連の事務独占も認められるようになった他、戦後になって国家権力からの独立が認められた事で、地位が向上しました。

アメリカの弁護士は膨大?

日本国内の弁護士数は、人口1億2千万人のうち3万人と言われています。一方アメリカの人数は100万人。総人口は3億人で、日本と比べると桁違いに大いと言う事が判ります。訴訟国家と言われるのを現していると言っても良い人数ですが、実はアメリカには弁護士の国家資格と言うのは存在しません。州ごとの資格なのです。ドラマや映画でも確かに、州名を名乗っていますね。また、州ごとの資格なの他州で弁護士活動をする事も原則的には禁止されています。

鹿児島の弁護士は多くの実績を持つ弁護士ですので、様々な案件に対応する実力があり、弁護士としては非常に強いです。

知らない事が沢山!弁護士の歴史を見てみよう

Post navigation