遺産分割協議について

遺産を相続する際には、遺産分割協議を行う必要があります。誰がどの遺産をどれだけ引き継ぐかと言うことを、相続人全員で話し合いを行います。協議を成立させるには、相続人全員の同意を得ることが必要です。その為、一人でも相続人が欠けていた場合は、その遺産分割協議は不成立となり、再度協議を行うことが必要となります。養子縁組などによって知らない間に家族が増えている場合もありますので、遺産分割協議の前には戸籍謄本を取り寄せて、相続人をきちんと確認することが大切です。

遺産の分割方法について

遺産の分割方法は主に三つの方法があります。一つ目は現物分割で、遺産をそのままの形で引き継ぐ方法です。不動産は配偶者、預貯金は長男などの様な分け方です。二つ目は代償分割です。不動産など価値の高い遺産を一人の相続人が引き継いだ場合には、その相続人は他の相続人に対して代償金を支払って、公平性を保つ分割方法です。三つ目は、換価分割です。遺産の一部または全ての売却して現金化してから、相続人に分配する方法です。

遺産分割で気をつけたいこと

遺産分割協議では度々トラブルが発生します。民法によって誰がどれだけの遺産を最低限相続出来るかと言うことは、決められております。ただし被相続人との生前の係わり合いなどの認識の違いで、遺産の分配比率に対して全員の同意を中々得られない場合があります。このようなトラブルを避ける為に最も有効な手段は、遺言を残しておくことです。遺言は法定相続よりも優先して実行されるため、遺言が残されていれば遺産分割協議を行う必要もありません。

遺産相続で困っている場合には法律の専門家の弁護士に相談をすることで、スムーズな解決を目指すことが出来ます。

重要!遺産相続について知っておきたいこと

Post navigation